バレンタインデー手作りチョコプレゼント

【売り切れ御免】バレンタインデーチョコレート おすすめランキング!

【Okasix】カリスマパティシエの特製バレンタインチョコレート!

バレンタインデーと韓国のブラックデー

日本のバレンタインデーは女性から男性へチョコレートをプレゼントしますが、外国の場合は少し違います。正確に言うと、日本のバレンタインデーの風習の方がマイノリティ。諸外国のバレンタインデーは、男性から女性に贈り物をする日となっています。ちなみに、外国でもバレンタインデーにチョコレートはポピュラーな贈り物です。

あんな浮ついたイベント、本来の意味から大きく外れているしうんぬんと、バレンタインデーを毛嫌いする人がいます。また、男にとってのバレンタインデーは好きな子の好きな子がわかる日。こんなネガティブな考えを持っている人もいるでしょう。こういう人たちは、もれなくモテません。

バレンタインデーが嫌いな男性は、バレンタインデーにいい思い出がない人。ぶっちゃけモテない人なのです。くだらなかろうと、義理みえみえだろうと、バレンタインデーにチョコレートの一つでも貰えれば気持ちは軽くなるもの。そこを否定するような可愛げのない男性はますますモテませんよ。

韓国にはブラックデーという日があります。2月14日のバレンタインデーから3月14日のホワイトデーを経て、4月14日のブラックデーまでに何も貰えずに恋人ができなかった若者が、黒い服を着て黒いチャジャン麺(日本で言うジャージャー麺)を食べる日。怨念がこもってそうです…。

バレンタインデーのチョコレートの憂鬱

バレンタインデーに胸をときめかせていたのは学生の頃まで…という人は、男女問わず多いのではないでしょうか。大人になって社会に出てしまうとバレンタインデーも会社の行事のようなものとなってしまいます。上司、同僚、取引先にまでバレンタインデーに義理チョコを配らなければならないのですから。

ところで、バレンタインデーに、好きな男の子の下駄箱にチョコレートを入れたことがある人、いますか?マンガではよく見かけますが、いくらバレンタインデーとはいえ、好きな人に食べてもらう物を下駄箱に入れるっていうのはどうなのでしょう?机の中くらいならアリだと思いますが。

中学生くらいまではおまじないにも夢中になりましたね。こんなものを見つけました。「バレンタインデーのチョコレートを渡す直前に目をつぶって相手の名前を3回言うと、チョコレートを受け取ってもらえる」…受け取ってもらえるだけで満足なんでしょうか。控え目なおまじないですね。

バレンタインデーにチョコレートを貰えず、自分だけが孤独なような気がすることを「二月病」って言うんですって。同様に、クリスマスの時期に恋人ができず、同じような思いをすることを「十二月病」と呼ぶそうです。大丈夫、寂しい人って意外と多いものですよ…。

バレンタインデーに手作りチョコで彼氏ゲット!

バレンタインデーは好きな男性に調理の腕を見せつけられる絶好のチャンス。なんのかんの言っても男性と言うものは料理上手な女性が好きなものです。プレゼントするチョコレートは、自分の腕と作り方の難易度を比べて、妥当な物をチョイスしましょう。あまり背伸びしすぎると大変なことになりますよ。

バレンタインデーのチョコレートの作り方は、基本的には刻んで溶かし、また固めるだけ。溶かしたチョコレートに何かを加えることで、元のチョコレートとは全く違うものに生まれ変わります。はちみつと生クリームを入れれば、とろ〜り生チョコのできあがりです。

バレンタインデーのチョコレートの作り方を掲載しているサイトの中には、菓子メーカーのページもあります。こういったサイトはそのメーカーの板チョコなどを使ったレシピを紹介してくれるので、敷居が低く感じられて嬉しいです。製品をアレンジしたスイーツのレシピも嬉しいですね。

バレンタインデーのチョコレートの作り方は、それほど難しいものはありません。お菓子作りの体験がゼロでも、手先が器用なら上手に作れると思います。ぶきっちょさんも心配しないで大丈夫。バレンタインデーまでに何度も何度も練習すれば、きっとうまくできますよ。

ホワイトデーにバレンタインのお返しプレゼント

バレンタインデーは男性にとって、チョコレートをもらえるだけで嬉しくなれる日でしょう。しかし、そのお返しのホワイトデーは悩みの種かもしれません。いつの頃からか「ホワイトデーは3倍返し」なんてことも言われていますし、ホワイトデーに一体何をお返ししたらいいものでしょうか。

バレンタインデーの本命チョコのお返しで女性が欲しがる物は、誕生日やクリスマスに欲しがる物と大差ありません。ホワイトデーにそれほど求められていないクッキーやマシュマロをお返しとして渡すのなら、相当のセンスが要求されます。ホワイトデーのプレゼントにはラッピングに凝ったり、とんでもなく美味しい物を探したり…。がんばってください。

バレンタインデーは楽しいけど、義理チョコごときでお返しをもらうのが心苦しいという女性もいます。ですが、これを見極めるのは非常に難しい。バレンタインデーのチョコの「お返しはいらないよ」が本気なのか、社交辞令なのかを判断するのは無理なので、相手が負担に思わない程度のお返しを用意しておきましょう。

バレンタインデーのお返しで下着をあげる男性、いますよね。しかも、安っぽくて無駄にいやらしい下着だったりします。これ、何なんでしょうね?あげる方はおもしろいと思ってるんでしょうか。はっきり言ってイタい、キモいです。相手の女性によってはトラウマになるほどの恐怖を感じさせる、最低の行為です。ホワイトデーに下着をプレゼントはやめておいたほうが無難です。