バレンタインデー手作りチョコプレゼント

【売り切れ御免】バレンタインデーチョコレート おすすめランキング!

【Okasix】カリスマパティシエの特製バレンタインチョコレート!

バレンタインデーにチョコレートを贈る習慣

バレンタインデーは日本の場合、贈るのはチョコ、贈る人は女性から男性にほぼ断定されています。これは日本のバレンタインデーの大きな特徴だと言えるでしょう。欧米でも花やチョコ、宝飾類を贈ることはありますが、日本のようにバレンタインデー即チョコ、と言うことではないようです。

日本で最初にバレンタインデーをチョコと関連させて紹介したのは1936年の神戸モロゾフ洋菓子店です。国内初のバレンタインデーセールは、1958年の新宿伊勢丹店でメリーチョコレートが開催しました。ただしどちらも余り話題にならず、特に伊勢丹のセールでは3日間で板チョコが3枚しか売れなかったそうです。

バレンタインデーとチョコと言う関係も、時代と伴に形を変えて来ています。既に告白済みである恋人同士や、夫婦の間、「義理チョコ」と呼ばれる会社の上司、部下、同僚など恋愛感情がない相手に対して贈るものや、友人(女性)から友人(女性)への「友チョコ」などがあります。

バレンタインデーの義理チョコを負担に思っている女性が多いにも関わらず、この習慣がなくならないのは、安いチョコを配って高価なお返しを待つ、と言う「えびで鯛を釣る。」ことを期待している人が多いことと、若い人たちは楽しい年中行事の一つ、と捉えているケースが多いこともあるようです。